器が人を作る
2017/06/12 Loading

~仕事や責任の与え方で人の成長が決まる~


組織としての最も大事な責任の一つは人材の育成です。 人材の育成は、研修といったOff-JTの方法もありますが、基本的には仕事を任せる中で、OJTで行うのが基本です。 リーダーシップでも触れたように、リーダーからの適切なフィードバックやコミュニケーションがあることも非常に大切です。

よくある失敗は、会社としてなすべき業務にこだわりすぎ、確実にできる人材を配置してしまうことです。 つまり、すでに十分な実力がある人間にその仕事を任せるのです。

これは、顧客への信用などを考えれば一見正しいようですが、人材の育成という観点から考えると必ずしも有効ではありません。 多少冒険にはなりますが、若手に仕事を任せ、チャレンジさせる方が、結果として組織の能力そのものが上がる というのが「器が人を作る」という言葉の主眼の一つです。

難しい仕事を任せることのメリットには以下があります。

▮創意工夫をしようとする。その結果、会社も予想しなかったような斬新な方法論が生まれることもある
▮責任感が醸成される。また責任が重いため、ストレスに対する耐性が増す
▮多数の人間を監督したり巻き込まなくてはならないことが増えるため、マネジメント力が鍛えられる

一方で、仕事がうまく進捗しない、プレッシャーに押しつぶされるなどのリスクもあります。 こうしたリスクを回避するのがまさに上長の役割となります。つねに当人の状況を把握し、困ったところで助け船をだすことが要求されます。

こうした仕事のアサインメントがうまいとされるのがトヨタ自動車です。同社では、若手に仕事を任せつつも、 「この辺でおそらくつまずくはずだ」ということを上司があらかじめ予期し、タイムリーな指導を行うとのことです。

同社が、必ずしも最優秀の人材を採用しているわけではないにもかかわらず、 日本でナンバーワンの時価総額を誇る企業として君臨している秘密はそんなところにもあるのです。